KEIO
UNIVERSITY
HOSPITAL

先進的な医療機器を活用した
ニューロモデュレーション
治療。

中枢神経障害後の運動機能低下に
対するアプローチ

ニューロ
モデュレーションとは
ABOUT

ニューロモデュレーションとは、神経活動を外部からの刺激によって変化させることを表します。近年、このニューロモデュレーション技術を活用したリハビリテーションが注目されています。脳卒中や脊髄損傷などの中枢神経障害によって、原因となる領域やその関連領域では、神経活動の低下や過活動が生じます。

当センターではそれらの神経活動をニューロモデュレーション技術により整え、中枢神経障害後の運動機能や感覚機能の改善を図ることに取り組みます。先端的な医療機器を活用し、科学的な根拠に基づくリハビリテーションを安全に提供いたします。最大限の回復を追求し、利用者とご家族の生活がより豊かになることを目指します。

ご挨拶 MESSAGE

整形外科学教室
教授 中村 雅也

当科ではこれまで、損傷された神経機能の回復を目指し、神経前駆細胞移植や、肝細胞増殖因子(HGF)、先進的リハビリテーション治療など、さまざまな研究を試みてきました。 このたび、私たちはその成果を実践する場の一つとして、新しいニューロモデュレーションセンターとして外来を開始します。このセンターでは、脳神経系障害を抱える方々のために、リハビリテーション科と協力した専門的な治療を提供します。整形外科では下肢機能障害がある患者さんに対してHAL®(Hybrid Assistive Limb)を用いた機能回復トレーニングを担当します。
私どもの使命は、各患者さんの生活の質を向上させ、できるだけ自立した日常生活を営むことができるよう支援することです。患者さんやご家族に寄り添い、明るい未来を一緒に切り拓いていきたいと思っています。
皆様のご来訪を心よりお待ちしております。

リハビリテーション医学教室
教授 辻 哲也

この度、先端科学技術を活用したニューロモデュレーションセンターとして外来を開始します。私たちのミッションは、「脳卒中や脊髄損傷、神経難病などの中枢神経障害に対して、神経科学に基づく診断・評価を行い、先端的なリハビリテーション治療により、健康増進・機能回復を支援して、患者さんの生活を豊かにする」ことです。
詳細な電気生理学的評価や、動作分析により、お一人おひとりに合わせた治療プランを立案します。手指や足の機能回復や歩行能力の向上を通じて、患者さんが思い描く目標や夢の実現に向けて、私どもスタッフ一同が全力で支援させていただきます。

新着情報 INFORMATION NEWS

診療概要 OVERVIEW

タップで電話する